スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステラの修理

今日は前回のエギング釣行の際に故障してしまった
愛機ステラFW3000Sのパーツが二ヶ月待って
ようやく届いたので、さっそく交換です。

とはいっても最初に現場でランディングのときに
突然ハンドルがガクガクして、回らなくなったときは
原因が解らず慌ててしまったのと同時にもうダメなのか?
なんて思ってしまいました。

6年間たくさんの思い出が詰まったリールなので、
なんとか直したい気持で一生懸命調べると、
ステラではよくある?トラブルみたいなので
自分でやってみることにしました。

まずは注文したパーツです
stlla
stlla (1)

値段は¥315だったので、予備に3個購入

スプールをはずして座金をはずします。

stlla (2)

スプール軸ベアリングガイドは0.89mmの
ヘキサゴンでセットスクリューをはずして

stlla (3)

つぎにリテナー固定ボルトをはずして

stlla (4)

その下にある回転枠ナットをはずして
ローターを慎重にはずしてみると

stlla (5)

stlla (6)

粉々になってベトベトになってしまった
無残なフリクションリングが姿を現しました。

stlla (7)

まずはキレイにお掃除して

stlla (8)

新品のリングを入れます・・
まるで別物

stlla (9)

もとどうりに組み上げて完成

stlla (10)

ハンドルを回してみるといつものクルクルステラに
もどってくれました~

またこのリールに思い出と愛着が追加されました
これからも大事な相棒よろしくです








コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。